10:00~18:00
(土日祝を除く)

06-6395-0677

その作業
ロボットに任せませんか?

働き方改革が進められている今、
あなたの会社の労働時間に変化はありましたか?
社員は有給休暇をしっかりと取得できていますか?
クリエイティブ・ウェブが働き方改革の即効薬をご紹介します。

業務を自動化する「RPAツール」とは?

RPAとは?

RPAとは、Robotic Process Automation
(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略称です。
認知技術(ルールエンジン、機械学習、人工知能など)を活用したホワイトカラー業務の効率化/自動化に向けた取組みのことです。
「ソフトウェア・ロボット」が人間を補完し、事務の生産性へと業務を遂行できることから、仮想知的労働者と言われています。
位置づけとしてはオーケストラの指揮者のような役割です。

RPAツール説明図

こんな企業にオススメです

仮想労働者「winactor」を導入しよう!

WinActer2つのポイント

人が Windows PC上で行う様々な操作を「ソフトウェア・ロボット」として
作成/記録し、複数のPC上でロボットを実行させることで、人が行う煩雑な操作や、
大量データを扱う繰り返し操作などを 代行(自動化)するツールです。

winactor」って具体的にどうなの?

導入の業種と最近の傾向

最近はRPAツールの選択肢が増加したことで、比較検討が進んでいる他、
導入時のサポート・運用中のサポートがより重視されているます。

RPAソリューションの分類

RPAツールの仕様情報

「WinActor」は安心の国内生産で日本の会社が販売しています。
日本で開発されているため、操作画面やマニュアルが日本語で
海外製品に比べ使いやすい仕様になっております。

パソコンがあれば操作が可能で、サーバーのご用意は不要です。
自動化の対象はWebアプリケーション、Windowsアプリケーションで、
導入最小コストは100万円以下と低コストでの導入が可能です。

サポートも国内で完結するため海外に問い合わせるなどの手間が省けます。

winactor」による操作代行の適用例

winactor」商品情報

製品ラインナップ

・WinActor フル機能版

ソフトウェア・ロボットの作成/編集/実行が可能

・WinActor 実行版

作成されたロボットの実行のみ可能(再生専用)

ライセンス形態

・年間サブスクリプション

1年間のご利用権 + 製品サポート

・デバイスライセンス

PC 1台毎にライセンスが必要

動作環境(クライアント)

対応OS:

・Windows 10(32bit、64bit)
・Windows 8.1(32bit、64bit)
・Windows 7 Professional SP1(32bit、64bit )
・Windows Server 2016 ※NEW! 2017年9月

対応Webブラウザー:

・Internet Explorer 11/10/9/8/7
(※IEエミュレーションモードが使用可能)
・その他Webブラウザー

各種ソフトウェア:

・ロボットを記録/再生するPCには、
 操作対象の各種ソフトウェアが必要

導入・展開イメージ

導入・展開イメージの図

価格(年間ライセンス料)

WinActor version5

フル機能版:908,000円
実行版:248,000円

※メーカー希望小売価格
※付随サービスは一切含みません。

【注意】

version4系の販売は2018年3月31日出荷分までとなります。注文期限など詳細について代理店にお問い合わせください。
2018年4月1日以降にご購入される場合は、version5のみが購入可能となり、version4をご購入頂くことは出来なくなりますことをご了承ください。

不動産業務にも展開

物件登録の繰り返しで大切なお客様やオーナー様への対応がおざなりになっていませんか?
定例作業はロボットに任せて業務の短縮化を目指しましょう。
株式会社クリエイティブ・ウェブの不動産管理システム「イエセレクト」とRPAを掛け合わせた、
画期的な業務改革をご提案いたします。

業務の自動化を進めるなら
クリエイティブ・ウェブへ!

06-6395-0677

【受付時間】10:00~18:00(土日祝を除く)

メールフォームからお問い合わせ