スマホ保有率48.2%!スマホ隆盛期に向けてWEB担当者が見直しておくべきポイント

 

どうも、自己紹介が遅れました。
クリエイティブ・ウェブ専務の有川です。

産まれも育ちも大阪なんですが、なぜか方言に感化される専務です。

世間はiPhone5sに興味深々ですが、私はガラケーをいまだに手離せませんむ。

先日、博報堂DYホールディング社からアンケート調査発表がありました。

右も左も見てもスマホの時代なので、やはりな。
という結果ではありますが、順調にスマホの保有率は高くなっています。


とりわけ、
15~19歳 73.5%
20~29歳 73.1%
30~39際 59.7% 

さらに、
毎日商品、サービス、企業情報を見ている人は4割。
という結果が数字で出ています。

15歳~40歳までをターゲットにしている企業のWEBサイトにスマホ対応は必須ですね。

実際に、WEBサイトへのアクセスの内、約3割~4割はスマホorタブレットを占めて
来ていますので、PCサイトしかないよ。という、企業様は、スマートフォンユーザーに
対して効果的なアプローチができていないということです。

すでに、うちの会社は持っているよ!という企業様は、
小さな画面の中にエンドユーザーが見たいという情報が掲載されているのかを
再度見直してみてはどうでしょうか?

スマホサイトのコンバージョン率は、PCよりはるかに高いのです。

博報堂DYホールディングス
http://www.hakuhodody-holdings.co.jp/news/pdf/HDYnews20131018.pdf