お仕事のご依頼や採用についてなど、
お気軽にお問い合わせください。

© CREATIVE WEB INC. ALL RIGHTS RESERVED.

BLOG

必見!宅建業法改正による「水害ハザードマップ上の位置」がイエセレクトなら簡単登録!

2020年8月28日より宅建業法が改正され、水害ハザードマップ上の記載状況が説明すべき重要事項となりました。
 
株式会社クリエイティブ・ウェブ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:岡部倫典)が提供する不動産物件管理システム「イエセレクト」は2020年8月28日に「水害ハザードマップ上の位置」をイエセレクトよりご登録いただけるようになりました。
 

 

背景

近年、大規模水災害の頻発により甚大な被害が生じており、不動産取引時においても、水害リスクに係る情報が契約締結の意思決定を行う上で重要な要素となっているところです。そのため、宅地建物取引業者が不動産取引時に、ハザードマップを提示し、取引の対象となる物件の位置等について情報提供するよう、昨年7月に不動産関連団体を通じて協力を依頼してきたところですが、今般、重要事項説明の対象項目として追加し、不動産取引時にハザードマップにおける取引対象物件の所在地について説明することを義務化することといたしました

引用:国土交通省「宅地建物取引業法施行規則の改正について」
 

ハザードマップとは

「ハザードマップ」とは、一般的に「自然災害による被害の軽減や防災対策に使用する目的で、被災想定区域や避難場所・避難経路などの防災関係施設の位置などを表示した地図」とされています。防災マップ、被害予測図、被害想定図、アボイド(回避)マップ、リスクマップなどと呼ばれているものもあります。

引用:国土交通省「ハザードマップ」
 

出典:大阪市役所
 
近年増える災害から自身の命を守るために、予め身の回りの危険が起こる可能性を把握しておくことはとても重要です。
どこへどのようなルートで避難すればいいのか予め備えておき、いざという時に素早く行動することが生死を分ける境目となります。
ハザードマップでは浸水場所や、がけ崩れの恐れがある場所などが一目でわかるようになっておりますので、ぜひご自身のお住まいの避難場所をご存知ない方はこれを機に調べてみてはいかがでしょうか?
ハザードマップポータルサイト ~身のまわりの災害リスクを調べる~
 

イエセレクトでのご登録方法を動画でご紹介!

弊社が提供する「物件管理システムイエセレクト」では簡単に水害ハザードマップの有無をご登録いただくことが可能です。
実際の操作方法を動画にてご紹介していきます。

 
「重要事項説明書」の法令に基づく制限の概要にハザードマップポータル様へのリンクを設置しております。
わざわざインターネットで調べる事無く簡単にハザードマップを探し出せる導線です。
各市区町村のハザードマップの有無を確認し、イエセレクトに登録していきます。
すると、簡単に重要事項説明書に必要項目が登録され、業務の効率化にもつながります。
 

 

最後に

お客様の命を守るためにも「水害ハザードマップ上の位置」のご説明はとても重要な項目な一つとなります。
しかし日々激務な不動産業務では準備する資料が一つ増えるだけでも苦労は倍増してしまいます。
「不動産管理システムイエセレクト」ではボタン一つでハザードマップの登録から文言の作成まで簡単にご登録いただくことが可能です。
わざわざブラウザのタブを開いてハザードマップのサイトを探す必要もありません。
お客様の使いやすさを第一に、ハザードマップポータルへのリンクも登録箇所の分かりやすい場所に設置済みです。

手間がかかる業務を一つでも減らし、業務軽減のお手伝いができればと思います。
気になった方はぜひお問い合わせくださいませ。
 

 

報道関係からのお問い合わせ先

株式会社クリエイティブ・ウェブ 総務部 info@creative-web.co.jp
〒532-0002 大阪府大阪市淀川区東三国2-37-3 NOW新大阪3階 TEL 06-6395-0677