Google Chromeの警告表示の強化~2018年7月から開始~

こんにちは。クリエイティブ・ウェブの山本です(^^♪

みなさま、前回のSSLの記事はご覧いただけましたでしょうか。
前回は、SSLの必要性、SSLを導入していないことによる危険性についてお伝えしました。
今回はSSLの警告がさらに強化されたことについて詳しくお伝えしていきます。
前回の記事はコチラ

 

Google Chromeの警告表示強化

Googleでは、段階的にSSLの警告を強化するようになりました。
以下のようにSSLを導入しているサイトは「保護された通信」と表示され、
SSLを導入していないサイトは「保護されていません」と表示されます。
では、Google Chromeにおける警告表示の変遷をご紹介していきます。

 

2017年1月~

SSL未導入サイトにて、パスワードやクレジットカードの情報などを入力する時に警告が表示されるようになりました。

 

2017年10月~

パスワードやクレジットカードの情報入力などに関係なく、フォームやテキストボックスに文字を入力しただけで警告が表示されるようになりました。

 

2018年7月~

SSLを導入していないすべてのサイトに対して警告が表示されるようになります。
つまり、今までだとフォームやテキストボックスがないサイトだとそのような警告の表示はありませんでしたが、SSLを導入していないすべてのサイトに表示されるようになります。

 

まとめ

今後、入力フォームがないサイトでも警告表示が出るようになるので、警告を回避するためには
SSLを導入するしかありません!SSLを導入することで、セキュリティが高くなり、ユーザーも安心してサイトを訪問することができます。

まだSSLを導入されていない方は、一刻も早いSSL導入をおすすめします。
弊社では、SSLの導入を行っております!
SSL導入をご希望の方はお気軽にお問い合わせください(^_-)-☆

☆お問い合わせはコチラ☆

 
 

イエセレクト誘導バナー